おもちゃの車

保険を決める際の決め手

自動車保険を選ぶ際に、口コミが大事だとされ人気な理由は、自動車保険を選ぶ大事な基準である事故対応について、実際に経験した人の口コミでしか知ることができないからです。これにより、色んな人の意見を参考に比較して選ぶことができます。

女性

お金のことならお任せ

30代から起こるさまざまなライフイベントに対応するために、お金の専門家に家計診断をしてもらうことをお勧めします。現場の収支に対する相談だけでなく、保険や将来のための貯蓄まで、お金に関わることなら何でも相談が可能です。

婦人

バランス良く加入する

節税対策が目的で保険を選ぶときは、3種類の保険にバランス良く加入するのと効率的です。所得税法では、3つの種類に区分されていて、それぞれに控除される限度額が定められているたでめす。個人年金を選ぶときは、返戻率を比較して選ぶとよいでしょう。

男の人

価格か補償内容かを明確に

自動車保険の中にはネット専用で販売されている商品も多く、実際にネット保険に加入している人の意見を参考にするには、是非口コミサイトを活用してみましょう。価格の面、そして補償内容をしっかりと比較した上で保険を選択する事で今よりもマッチングした保険を見つける事が出来るでしょう。

電卓と紙幣

子育て世代の無駄を見直す

家計診断は30代を中心とした子育て世代に特に人気があり、節約できる部分をファイナンシャルプランナーが指摘してくれます。小さい子供がいる30代の家庭は本来は貯金がしやすい時期でもあるため、貯金ができていなければ危険です。家計診断では貯金ができるように積極的な見直しによって、無駄を省いてくれるのです。

特殊な法人向け商品

男女

節税に利用可能

法人向けの保険として代表的なものが逓増定期保険です。いわゆる生命保険の一種ですが、一般には販売されていない特殊な商品となっています。しかし仕組みを正しく理解していれば節税対策として有効なため、中小企業の代表や重役を中心に加入者が増えている保険なのです。逓増定期保険の特徴は、貯蓄性のある商品でありながら、支払う保険料の半額を損金として計上できるという点にあります。損金計上できるということは会社の経費として認められるということです。つまり最終的な利益を圧縮し、節税対策に繋げることが可能な保険商品なのです。ところがこれだけでは節税対策としては不完全です。なぜならば保険金や解約返戻金は会社の収入としてみなされるため、逆に課税対象となってしまうのです。これを防ぐためには同じタイミングで大きな経費を発生させることです。収入が増えても支出が増えれば最終的な利益は増加せず、納める法人税は元のままなのです。では実際にどのようなケースを想定して保険契約が行われているのでしょうか。よくあるのは役員退職金の資金作りです。役員退職金は高額になりがちで、すぐに全額を支払う余裕のある会社はまれです。そのため数年をかけて積立を行いますが、そこで逓増定期保険を利用するのです。退職金の発生するタイミングは決まっていますから、その年度に最も多額の解約返戻金を受け取れるように逆算して加入します。解約返戻金はすぐに退職金として使われるので、節税対策としても問題ないのです。